リハビリ室通信 キャット&ドック(キャットストレッチ)

“キャット&ドック” 別名 “キャットストレッチ“ と呼ばれる運動のご紹介です。運動の方法が犬や猫がとるポーズに似ていることからこの名称がついています。キャット&ドックは、背中の柔軟性を引き出すことで、手足の筋肉を柔らかくし、手足を使いやすくする効果があります。 肩、腰にもよい運動で、体幹を整え姿勢改善にも役立っています。

①四つん這いになり、膝は股関節の下にくるようにします。手は肩の真下にくるようにおいて、手の平で床を押すようにして背中を丸めていきます。(おへそを覗き込むように)また、背中を丸めていく時には、ゆっくりと息を吸い込みながら丸めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

②つぎに、丸めていた背中を反らしていきます。犬が伸びをしているイメージです。今度はゆっくりと息を吐きながら反らしていきます。息を吸ったり吐いたりすることで、腹横筋(お腹の脇にあるコルセットのような筋肉)、外肋間筋、内肋間筋といった筋肉が動きます。

激しい痛みがある時には行わないで下さい。また、痛みが増強するような場合は、状態に応じて少しずつ行ってください。くれぐれも無理のないようにし、ご自分の体調や痛みとよく相談しながら行いましょう。

関連記事

  1. 勉強会

  2. 応援メッセージを有り難うございます

  3. 知識・技術向上に向け勉強会

  4. リハビリ室通信 ~12月編~

  5. リハビリ室通信:会議を重ねています

  6. 体幹トレーニング プランク

PAGE TOP