リハビリ室通信 ~12月編~

リハビリ室は、青を基調とした室内になっており、青色の治療ベッドがたくさん並んでいます。この青は、宗像の海をイメージしたものです。さきむら整形外科リハビリクリニックのSのロゴマークは、上部分が青色(宗像の海の色)真ん中が緑色(山本整形外科から引き継ぐことになり院長がはじめてクリニックに足を運んだ日、玄関前のハナミズキが満開でお出迎えをしてくれたそう。山本先生から、しっかりここのクリニックを引き継ぎます!との思いから真ん中はハナミズキをイメージした緑)下部分がオレンジ色(宗像の土地の色)ですが、このマークの上部分の青色がリハビリ室の色となっています。

青色は人々に落ち着き、安らぎ、安心などを与えます。そんなリハビリ室に入ったら、まずは素敵な優しいリハ助手さんと等身大の骨模型が皆さんをお出迎えします。僕たち、私たちは、患者さんに寄り添ったリハビリを心がけています!

11月からはInBodyという機械を導入しました。InBody測定機は、体を構成する基本成分である体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に分析し、栄養状態に問題がないか、身体はバランス良く発達しているかなど、人体成分の過不足を評価する検査機です。生活習慣の改善に繋がり、治療の効果を確認することもでき、体の状態を知るきっかけとなりますのでオススメします。 やってみよう!とお考えになられた方は、いつでもお声掛けください!栄養指導の資格を持ったリハ助手さんが、栄養面でもサポートいたします!(InBody測定器の写真は株式会社インボデイより拝借いたしました)

 

関連記事

  1. 勉強会

  2. リハビリ室通信

  3. リハビリ室通信 キャット&ドック(キャットストレッチ)

  4. 5月の勉強会

  5. リハビリ室通信   日々・・・

  6. 知識・技術向上に向け勉強会

PAGE TOP