再生治療 PFC-FD療法

ひとが生まれながらに持っている、自然治癒力を利用した再生医療、PRC-FD療法という新しい治療を実施しています。

PFC-FD療法とは、ご自身の血液を活用した治療方法で、肘や膝の関節の痛み、靭帯、アキレス腱など筋肉の治療に活用されています。ご自身の血液を使用するため安全性が高く、スポーツ選手から高齢者まで、幅広く適応する治療方法です。

 

 

 

 

 

 

ご自身の血液から抽出したPRP(多血小板血漿)を、特殊な技術でさらに濃縮させて血小板を活性化させ、より多くの成長因子を取り出し、この成長因子を関節内に注射器を使って注入し、痛みを和らげたり、損傷部分の機能改善をめざします。

 

適応疾患は下記です。

  • 変形性膝関節症(軟骨がすり減ることで起こる関節痛)
  • 膝半月板損傷(膝関節内にある半月板に亀裂が生じたり、断裂した状態)
  • 母指CM関節症(手の親指の付け根の関節の軟骨がすり減ることで起こる関節痛)
  • 肩腱板損傷(肩関節の腱板が切れ安定性が損なわれ痛みがでる)

その他、下記疾患も適応となることがあります。

  • 膝蓋腱炎:大腿四頭筋腱付着部炎:ジャンパー膝(多くは膝を酷使することで起こるスポーツ障害)
  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • 上腕骨内側上顆炎
  • 足底筋膜炎(足の裏の痛み)
  • アキレス腱付着部炎(長時間歩行などによる踵背側の痛み)
  • 靱帯損傷(肘・膝の靭帯の緩み)
  • 肉離れ(筋肉の部分断裂・筋断裂)

PFC-FD療法のメリット

  • 手術や入院は必要ありません。
  • 標準的な治療は2回の診療で完了です。
  • 早期の競技復帰を目指せる可能性があります。
  • 自分の血液を使うので副作用が少なく安全です。
  • ヒアルロン酸の関節内注射より効果が見込めます。

PFC-FD療法のデメリット

  • 自由診療のため治療費は全額自己負担です。
  • 治療効果には個人差があります。(個人の血液に含まれる成長因子の働きで効果に差が出ます)
  • 癌治療や重篤な合併症等お有りの方には行なえません。
  • 1週間ほど注射による痛み、赤み、腫れが生じることがあります。
  • 新しい治療のため治療後の効果に対するデーターがまだ充分ではありません。

PFC-FD療法の費用について

  • 1クールの治療代に165,000円(消費税込)が必要です。

PFC-FD療法についての詳しい情報は下記リンクに掲載されていますので、ご興味のある方は御覧ください。

関連記事

  1. 手術日

  2. 診察時の服装について

  3. 体幹トレーニング プランク

  4. 勉強会

  5. 待ち時間について

  6. 小児整形外科教育研修会

PAGE TOP